冬のお手入れ、顔だけで大丈夫?正しい頭皮ケアでフケ・かゆみ対策!

更新日:

冬のフケ・かゆみ対策

 

乾燥の季節、顔の保湿はしていても、頭皮は放置状態・・・。

おかげでなんだか頭皮がかゆい、肩に白い粉のようなフケが落ちるなど、頭皮トラブルで悩む方も多いはず!

私も1日シャンプーしなかっただけで、なんとなく頭皮のかゆみが気になります。

 

そこで今回は、そんなフケ・かゆみのトラブルについて、その原因やお金をかけずに対処する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

フケ・かゆみの原因って?

そもそもフケとは、新陳代謝によって頭皮の角質がはがれたもので、正常な人にも発生する現象です。

ですが、頭皮の乾燥過剰な皮脂分泌によって、ターンオーバー周期が乱れ、必要以上にフケが発生してしまったり、かゆみ炎症などが起こってしまったりするんです!

 

フケの種類

フケには2種類あり、かさかさタイプのフケと、べたべたタイプのフケに分けられます。

そこで、タイプ別にその原因と対策をみていきましょう!

 

かさかさタイプのフケ

白い粉のようなフケがパラパラと落ちてくる。

かさかさタイプのフケの人は、頭皮の乾燥が原因です。

 

黒い服を着ているときに、肩にフケが落ちてきたら目立って気になりますよね。

また生え際などの毛に細かなフケがからまっているなんてことも!

せっかくのヘアスタイルが台無し!

がっかりしますよね。

 

こういう方は、

  • シャンプーを1日に2回以上する
  • 熱いお湯でシャンプーをする
  • この夏に紫外線をたくさん浴びてしまった

など、思いあたるところはありませんか?

 

べたべたタイプのフケ

頭皮がべたべたしていたり、地肌が赤くただれている。

べたべたタイプのフケの人は、頭皮の皮脂の過剰分泌が原因です。

 

頭がかゆく、頭皮をかいたら、爪の間に皮脂がつまるなんてことありませんか?

食生活が乱れている人、ストレスが多い人がなりやすいです。

 

放置するとカビなどの菌が繁殖したり、シラミや水虫など感染症のおそれもあるので早めに対処を!

 

スポンサーリンク

 

フケ・かゆみを防ぐにはどうすればいいの?

では、フケ・かゆみはどのように防げばよいのでしょうか。

かさかさタイプのフケと、べたべたタイプのフケ、タイプ別にみていきましょう。

 

かさかさタイプのフケ対策

頭皮の乾燥がおもな原因の、かさかさタイプのフケ

頭皮のうるおいを保つには以下の3つのポイントが重要です。

 

1.低刺激シャンプーをつかう

頭皮に刺激が少ないアミノ酸シャンプーがおすすめです。

おもに、

  • ココイルグルタミン酸
  • ヤシ油脂肪酸
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • グリシン
  • メチルアラニン
  • サルコシン

などの成分が表記されているものが、アミノ酸シャンプーです。

うるおいを保ちながら、やさしく洗いあげてくれるのが特徴です。

洗浄力や泡立ちは落ちてしまいますが、頭皮だけでなく、髪のうるおいも保ってくれるので一石二鳥です。

 

2.正しいシャンプー方法で洗う

シャンプーのとき、かゆいところがあると、ついゴシゴシと洗っていませんか?

頭皮に傷がつかないように、やさしく洗うことが大切です。

  1. まず、シャンプーの前に、クシで髪を丁寧にとかしておきます
    特に髪の長い人は、洗うときに髪がからみ、頭皮を引っ張って傷つけてしまいます。
  2. 次に、38℃程度のぬるま湯でよく髪をぬらします。
    40℃の熱いお湯だと、必要な皮脂も落ちてしまうので注意!
  3. そして、シャンプー液をいちど手のひらでよく泡立ててから、頭皮を軽くマッサージします。
    このとき指のはらで、やさしく円を描くようにするのがポイント!
  4. さいごにぬるま湯で丁寧に洗い流します

 

3.紫外線をあびないようにする

日焼けすると乾燥の原因となるので、日よけ対策もしましょう。

夏だけでなく、冬も意外と紫外線が多いのをご存じですか?

陽のでている日は、帽子をかぶったり、日傘をさして対策しましょう。

紫外線は抜け毛白髪の原因にもなるので注意!

 

スポンサーリンク

 

べたべたタイプのフケ対策

頭皮の皮脂の過剰分泌が原因の、べたべたタイプのフケ

生活習慣をみなおし、からだの中からケアしていきましょう。

 

1.塩分・油分の多い食材をひかえてビタミンをとる

揚げ物など脂っこいものやお酒をひかえ、ビタミンAやE、B2が含まれる食材をとるようにしましょう。

  • ビタミンA豚・牛・鶏肉のレバー、うなぎ、イカなど
  • ビタミンEアーモンド、かぼちゃ、鮎など
  • ビタミンB2牛レバー、納豆、たまごなど

 

とは言っても、なかなか食事を意識するのはむずかしい・・・。

まずは飲み会などの外食を減らして、自宅で食事をすることなら始められそうですね。

 

2.規則正しい生活リズムをこころがける

寝不足ストレスは皮膚の抵抗力をおとすため、規則正しい生活を心がけましょう。

顔のお肌も、生活リズムの乱れで荒れてしまったりしますよね。

早寝早起き、朝昼晩3回の食事、適度な運動スタイル維持にも効果的です。

 

3.スタイリング剤やパーマ・カラーをしばらくやめる

シャンプーで洗いきれなかったスタイリング剤や整髪料が頭皮に付着し、毛穴をつまらせる原因となってしまうことがあります。

また、パーマやカラーリングなど、薬剤での施術も頭皮の刺激になります。

もし、かゆみなどの症状がひどいようなら、スタイリング剤や薬剤での施術をやめ、早めに医師に相談したほうがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回は、冬の乾燥の季節に特に気になるフケ・かゆみのトラブルについて、その原因やお金をかけずに対処する方法をご紹介しました。

思い当たること、ありましたでしょうか?

 

冬のお手入れは、顔やからだの保湿ばかりに目がいってしまいますが、頭皮も日々ダメージを受けているんですね。

日頃のちょっとしたことに気をつけて、頭皮のSOSに気づいてあげるのが大切です。

 

頭皮トラブルに真剣に悩んでいるあなたも、あまり気にかけていなかったあなたも、今から頭皮ケアしてみませんか?

 

↓画像をクリックすると販売ページに移動できます↓

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぱっさん

ぱっさん

どうも。ぱっさんです。毎日の生活や大切な人との時間をもっと楽しくするために、調べたこと、考えたこと、経験したことなどを書いています。あなたにもお役に立てる情報をお届けできたらうれしいです。

-ヘアケア

Copyright© シアワセノキセキ , 2019 All Rights Reserved.