東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

更新日:

東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

 

夜景が綺麗で、観光スポットとしても、デートスポットとしても人気の高いお台場海浜公園。

そんなお台場海浜公園で、5月スターアイランドに続き、8月にも注目の花火大会が始まりますね。

 

今回は、お台場の夏の花火大会、

東京花火大祭 ~EDOMODE~

をご紹介します。

 

東京花火大祭は、2018年8月に東京お台場で初めて開催されることになった花火大会です。

全国各地の有名花火大会で活躍する、日本を代表する花火師たちが大集結。

最新のテクノロジーを駆使した音楽などの演出とともに、独創的で芸術的な花火を披露してくれますよ。

 

その他にも、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんによる歌舞伎と花火のコラボや、子どもたちがプログラミングした子ども花火などなど。

見どころ満載な花火大会となっています。

 

そんな東京花火大祭に行ってみたいと思うけど、有料席のチケットが高いんですよね。

なんとか手が届きそうなチケットも、それでもやっぱり高いですし。

なんだかんだ迷っているうちにもう売り切れ

 

チケットなしでも花火を楽しめる無料観覧席はある?」

「いろいろ穴場はあるけど実際どうなの?」

気になる方って多いと思います。

 

そこで今回は、2018年8月にお台場で開催される東京花火大祭の花火を、チケットなしでも楽しめる無料観覧席をご紹介します。

おすすめの穴場をひと通りピックアップして、その魅力をしっかりお伝えしていきますよ。

 

チケットなしでも大丈夫です!

本記事を参考に、あなたにぴったりな穴場をチェックして、東京花火大祭の花火を思いっきり楽しんでくださいね。

 

綺麗な夜景とイルミネーションで彩られるレインボーブリッジ。
お台場レインボー花火大会で、冬のお台場を満喫してみませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

東京花火大祭の日程や打ち上げ時間は?

2018年8月に初めて開催されることになったお台場の夏の花火大会、東京花火大祭

日程や打ち上げ時間は、以下となりますよ。

 

東京花火大祭の日程・打ち上げ時間

日程2018年8月11日(土
開場16:00
打ち上げ時間19:10~20:30
打ち上げ数12000発(最大5号玉)
※小雨決行
※荒天の場合は8月12日(日)に順延

 

東京花火大祭の花火の打ち上げ数は、なんと、12000発

スターアイランドよりも2000発も多いんですね。

スターアイランドの花火もすごかったけど、東京花火大祭の花火も迫力がありそうですね。

 

東京花火大祭の当日のタイムテーブルは?

東京花火大祭の当日のタイムテーブルが発表されましたね。

 

 

お台場海浜公園内のサンセットビーチエリア以外で花火を見る場合、音楽は聞こえないと思います。

ですが、タイムテーブルがあれば、東京花火大祭の花火を見る際の参考にはなりますよね。

 

東京花火大祭の打ち上げ場所や観覧場所は?

東京花火大祭の開催場所は、お台場海浜公園内となります。

以下の地図で、場所を確認してみてくださいね。

 

 

お台場海浜公園の住所:
〒135-0091 東京都港区台場1丁目4

 

打ち上げ場所

東京花火大祭の花火の打ち上げ場所は、鳥の島周辺となります。

スターアイランドの花火の打ち上げ場所と同じですね。

 

スポンサーリンク

 

観覧場所

東京花火大祭では、公式の観覧場所として、

  • お台場海浜公園内サンセットビーチエリア
  • アクアシティ歌舞伎天空舞台

有料席が設置されます。

 

■お台場海浜公園内サンセットビーチエリア

こちらの有料席では、砂浜のベストビューポイントで、日本を代表する花火師たちの独創的で芸術的な花火を観覧することができますよ。

 

東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

出典元:イープラス

 

■アクアシティ歌舞伎天空舞台の有料席

こちらの有料席では、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんによる歌舞伎と花火のコラボを楽しむことができますよ。

 

東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

出典元:イープラス

 

アクセス・最寄り駅

東京花火大祭の開催場所となるお台場海浜公園のアクセス・最寄り駅は、以下となります。

  • ゆりかもめ お台場海浜公園駅下車 徒歩5分
  • ゆりかもめ 台場駅下車 徒歩5分
  • りんかい線 東京テレポート駅下車 徒歩7分

 

スポンサーリンク

 

東京花火大祭の有料席のチケットが高い!

東京花火大祭って、どの有料席もチケットの料金が高いですよね。

それでも、続々と完売御礼が出ています。

すごい注目度!

 

以下、東京花火大祭の有料席のチケット情報をまとめてみました。

 

お台場海浜公園内サンセットビーチエリア

 

■ガーデンチェア

  • 【最前列】 プレミアムガーデンテーブル+チェア(4名):150,000円
  • プレミアムガーデンテーブル+チェア(4名):120,000円
  • 【最前列】 ガーデンテーブル+チェアー(4名):100,000円
  • ガーデンテーブル+チェアー(4名):80,000円

 

■ベンチ席

  • 【最前列】 プレミアムペア(W1800 ベンチ席 2名):40,000円
  • プレミアムペア(W1800 ベンチ席 2名):30,000円
  • 【最前列】 浴衣でも座れるペア席(W1500 ベンチ席 2名):26,000円
  • 浴衣でも座れるペア席(W1500 ベンチ席 2名):22,000円

 

■椅子席

  • 【最前列】 シングルチェアー(1名):12,000円
  • シングルチェアー(1名):10,000円

 

■シート席

  • ペアシート(2名):16,000円
  • シングルシート(1名):8,000円
  • FAMILY 大人(1名):8,000円
  • FAMILY こども(1名):5,000円
  • グループシート(50名):300,000円
  • グループシート(20名):140,000円
  • グループシート(6名):43,200円

 

※チケット申し込みは、こちら

 

アクアシティ歌舞伎天空舞台

■花火と歌舞伎を楽しむ席

  • SS最前列:40,000円
  • S正面:35,000円
  • Aステージ横:30,000円
  • A上手:30,000円
  • B下手花道横:25,000円
  • C後列:15,000円

 

※申し込みは、こちら

 

絶好のロケーションの中、優雅で贅沢な時間を過ごせることを考えれば、それだけの価値はありそうですが。。。

でも、やっぱり、高いですよねぇ?

 

スポンサーリンク

 

東京花火大祭はチケットなしでも楽しめる?無料観覧席はある?

お台場やレインボーブリッジ、東京タワーなどの夜景をバッグに、12000発もの花火が打ち上がる東京花火大祭。

全国各地の有名花火大会で活躍する、日本を代表する花火師たちが大集結するとあって、高いチケットはすぐに完売。

 

「チケットはないけど、どうしても見てみたい」

という方は多いのではないでしょうか?

 

安心してください。

東京花火大祭の花火をチケットなしでも楽しめる無料観覧席はありますよ!

 

もちろん、無料観覧席なるものは公式には存在しません。

東京花火大祭は、あくまでも有料のチケットを購入して楽しむイベントになっています。

ですが、有料席となっている場所以外でも、東京花火大祭の花火を楽しむ場所はありますよ。

 

それが、巷で穴場と呼ばれている観覧場所です。

 

スポンサーリンク

 

東京花火大祭のおすすめの穴場13選!

それでは、東京花火大祭の花火をチケットなしでも楽しめる無料観覧席、いわゆる穴場をご紹介していきますね。

今回ご紹介する穴場は、全部で13箇所。

SNSの口コミなどをもとに、実際に評価が良かったものをピックアップしてみましたよ。

 

東京花火大祭のおすすめの穴場13選!

  • 自由の女神像周辺
  • 潮風公園
  • ウェストパークブリッジ
  • 台場公園
  • 有明スポーツセンター展望台
  • レインボーブリッジ遊歩道
  • 芝浦南埠頭公園
  • 品川埠頭
  • 豊洲ぐるり公園
  • 晴海埠頭
  • 竹芝埠頭
  • ららぽーと豊洲
  • カレッタ汐留

 

まずは、以下の地図で、東京花火大祭の花火の打ち上げ場所と、それぞれの穴場との位置関係を確認してみてくださいね。

 

 

あなたにぴったりの穴場、きっと見つかると思いますよ。

 

自由の女神像周辺

まず、はじめは、自由の女神像周辺です。

東京花火大祭では、おだいばビーチを有料観覧席エリアとしていますが、そのすぐとなりから潮風公園までの間の磯浜も絶好の観覧場所となります。

 

東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

出典元:海上公園なび

 

このエリアであれば、花火はもちろん、音楽の演出を楽しむこともできそうですね。

ただ、有料観覧席のすぐそばになるので、当然、無料の観覧場所の中では最も混雑するエリアとなるでしょう。

早い時間から場所取りする必要はありますが、無料で、しかも、品質も貪欲に求めていくなら、おすすめの穴場ですよ。

 

こちらの画像は、自由の女神像周辺からお台場レインボー花火大会の花火を観覧した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

いや~、贅沢な眺めですよね。

無料でこの眺めであれば、早い時間からがんばってみたくなりますね。

 

スポンサーリンク

 

ウェストパークブリッジ

ウェストパークブリッジは、お台場でも一番の人気スポットです。

自由の女神像やレインボーブリッジ、東京タワーを望む夜景は、最高に美しいんですよ。

ヒルトン東京お台場とアクアシティお台場の間を通って、海に向かってまっすぐのびる、眺望の開けた開放的な空間は、東京花火大祭の花火の観覧にはピッタリ。

混雑も覚悟の上であれば、この穴場は間違いありません。

レインボーブリッジと東京タワーの夜景とコラボした、東京花火大祭の花火を楽しむことができますよ。

 

打ち上げ場所に近づくほど混雑はするのですが、打ち上げ場所から遠ざかるにつれて混雑もやわらぎます。

自由の炎像のあたりまで遠ざかれば、わりと空いていると思われます。

あなたのガッツと混雑具合に合わせて、観覧場所を調整できるのも、この穴場のいいところかもしれませんね。

 

こちらの動画は、スターアイランドの花火をウェストパークブリッジで観覧した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

ウェストパークブリッジの、どの位置が、どのくらいの混雑具合なのか、よくわかると思います。

いや~、それにしても、この眺め。

混雑はしていますが、最高に綺麗ですよね。

 

潮風公園

潮風公園には、東京花火大祭の花火には絶好の観覧スポットと思われる護岸があるんです。

ですが、その護岸は、残念なことに2019年の3月末まで工事中の予定なんですよね。

なので、公園内や駐車場などで観覧することになります。

 

スターアイランドの花火が始まった2017年の時点では、混雑は少なかったみたいですよ。

 

 

木々が邪魔になりそうですが、場所によっては、

「これぞ、まさに穴場!」

というスポットを見つけられるかもしれませんね。

 

台場公園

台場公園は、東京花火大祭の花火の打ち上げ場所となる「鳥の島」のすぐそばにある公園です。

有料観覧席よりも、さらに、花火の打ち上げ場所に近いスポットなんです。

花火の大きさや音を思いっきり体感してみたい方には、おすすめの穴場ですよ。

 

こちらの動画は、台場公園からお台場レインボー花火大会の花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

打ち上げ場所が近いですよね。

花火も音も、かなり迫力のある大きさで楽しむことができそうですね。

 

スポンサーリンク

 

有明スポーツセンター展望台

有明スポーツセンターは、7階が無料の展望廊下になっていて、首都高越しに東京花火大祭の花火を観覧することができるんです。

2015年まで開催されていた東京湾大華火祭のときも、無料でベンチに座ってゆったりと花火を観覧できる穴場として有名な場所でしたよね。

ただ、ここの穴場はあまりにも有名なので、早い時間から人が集まり大混雑。

人で埋め尽くされた廊下に、座る隙間はありません。

でも、場所取りをがんばれば、ベンチに座って見ることができるかもしれませんね。

 

花火を観覧した様子ではありませんが、こんな感じで見ることができそうですよ。

 

 

室内ということで、綺麗なトイレがすぐ近くにあるのがメリットですよね。

この安心感、魅力に感じる方は少なくないのではないでしょうか。

 

レインボーブリッジ遊歩道

レインボーブリッジって、実は散歩することもできちゃうんです。

遊歩道は、サウスルートとノースルートがあるんですが、お台場方面を望むことができるのはサウスルート

鳥の島から打ち上がる東京花火大祭の花火は、すぐ目の前でばっちり見えそうですね。

 

ただ、注意が必要なのが営業時間です。

このレインボーブリッジ遊歩道は、営業時間が21時までとなっています。

20時30分に終了予定の東京花火大祭の花火を最後まで見たら、21時までには出るようにしてくださいね。

 

こちらの動画は、東京花火大祭の花火の観覧風景ではありません。

でも、レインボーブリッジ遊歩道からの打ち上げの様子を想像するのに、参考になると思います。

前半が、サウスルートを散歩しながらお台場方面を眺めたときの様子ですね。

 

 

めちゃめちゃ近そうですよね、花火。

花火、下から見る体験ができるかもしれませんね。

 

芝浦南埠頭公園

芝浦南埠頭公園は、東京花火大祭の花火の打ち上げ場所である鳥の島から見て、お台場側のちょうど真逆。

東京花火大祭の花火を、背後から見る感じになります。

なので、正面から見るのと比べると劣りますが、他の方面と比べると、綺麗に花火を見ることができると思います。

しかも、混雑も少なさそうですし、落ち着いて花火を観覧できそうですね。

 

こちらの画像は、スターアイランドの花火を芝浦南埠頭公園で観覧した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

水面の打ち上げポイントもとらえていますよね。

花火の観覧場所としては、かなり良いスポットなのではないでしょうか。

 

ちなみに、この芝浦南埠頭公園ですが、レインボーブリッジ遊歩道と同様、営業時間が21時までとなっています。

20時30分に終了予定の東京花火大祭の花火を最後まで見たら、21時までには出るようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

品川埠頭

品川埠頭は、夜は寂しい場所ではありますが、人混みがかなり少ない穴場の観覧スポットです。

それでいて、打ち上げ場所からもそんなに離れていないので、花火はばっちり見ることができますよ。

 

こちらの画像は、スターアイランドの花火を品川埠頭から観覧した様子だと思われます。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

水面から打ち上がるところは見ることができなそうですが、十分に迫力のある花火を楽しめそうですね。

また、芝浦南埠頭公園のように終わりの時間がないので、花火が終わった後もゆっくりと余韻に浸っていることができますよ。

 

豊洲ぐるり公園

豊洲ぐるり公園は、その名前の通り、豊洲埠頭にある豊洲市場の周囲をぐるりと囲むような公園です。

ここも、人混みを避けてゆったりと花火を見るには良い場所ですね。

公園内にはトイレもあるので、その点も安心ですよね。

 

こちらの画像は、豊洲ぐるり公園からお台場レインボー花火大会の花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

海に面しているので、遮るものは何もありません。

レインボーブリッジの上に打ち上げる花火を、のんびり楽しむことができそうですよね。

 

晴海埠頭

都内でも有数の夜景スポット、晴海埠頭

人工池の上に浮かぶ幾何学的な金属のオブジェ「風媒銀乱」とレインボーブリッジの夜景は、見入ってしまうほどに綺麗なんですよね。

近隣の晴海埠頭公園は、2020年の東京オリンピックの選手村になる予定で、2017年10月1日より工事のため立ち入りできなくなっています。

ですが、客船ターミナルは営業しているようなので、そこから東京花火大祭の花火を観覧できそうですよ。

 

こちらの画像は、晴海埠頭の客船ターミナル前からお台場レインボー花火大会の花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

これは最高に綺麗ですよね。

かなりSNS映えする写真が撮れそうです。

 

スポンサーリンク

 

竹芝埠頭

竹芝埠頭は、東京花火大祭の花火の打ち上げ場所からは距離があるので、人も少なくてゆったりと花火を眺めることができますよ。

 

こちらの画像は、竹芝埠頭からスターアイランドの花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

ららぽーと豊洲

ららぽーと豊洲は、東京花火大祭の花火の打ち上げ場所からは奥まったところにありますが、見ることはできるようですね。

花火は小さくてもいいから雰囲気を味わいたいという方には、おすすめの穴場ですよ。

混雑もなく、ゆったりと見ることができると思います。

ららぽーとは大規模な商業施設なので、綺麗なトイレもたくさんあって安心ですよね。

 

こちらの画像は、ららぽーと豊洲からお台場レインボー花火大会の花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

ちょっと小さいですかね?

これで物足りない方は、他の穴場を探しましょう。

 

カレッタ汐留

カレッタ汐留には、46階と47階に無料の展望スペースがあるの、ご存知でしたか?

地上200メートル以上の高さからベイエリアの夜景を楽しむことができるんです。

東京花火大祭の花火とともに、お台場、レインボーブリッジ、東京ゲートブリッジ、築地市場、晴海トリトンスクエアなどの夜景を眺めることができますよ。

 

こちらの画像は、カレッタ汐留46階スカイビューからお台場レインボー花火大会の花火を撮影した様子です。

打ち上げ場所が東京花火大祭と同じような場所となるので、参考になると思います。

 

 

カレッタ汐留は、デートスポットとしては定番の場所ですよね。

 

スポンサーリンク

 

東京花火大祭のおすすめできない穴場

ネット上では、おすすめとして紹介されている穴場の中にも、実際には期待ハズレな穴場ってあるんですよね。

ここでは、SNSの口コミなどで評価が悪かった穴場をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

辰巳桜橋

東京湾大華火祭のときにも、地元の人しか知らない穴場として紹介されていた辰巳桜橋

東京花火大祭でも、知る人ぞ知る、地元住民が行く穴場、なんて紹介しているのを見かけますよね。

でも、実際には、立ち並ぶ高層マンションが邪魔で、花火を見ることはできないようですよ。

花火を見ることができる場所を探している方は、くれぐれもご注意くださいね。

 

 

お台場周辺のおすすめホテルは?

東京花火大祭2018(お台場)の穴場13選!8月の無料観覧席と座席チケットは?

 

週末の土曜日に、せっかく夜のお台場まで出かけるんだから、その日は近くのホテルで一泊して綺麗な夜景を楽しみたいですよね。

そして、翌日は、朝からお台場周辺を観光するのもいいですね。

 

そこで、お台場周辺のおすすめホテルをピックアップしてみました。

お洒落なホテルばかりなので、きっとお気に入りのホテルが見つかると思いますよ。

以下のリンクをクリックして、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

お台場周辺のおすすめホテルを楽天トラベルでチェック

お台場周辺のおすすめホテルをじゃらんでチェック

 

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回は、2018年8月にお台場で開催される東京花火大祭の花火を、チケットなしでも楽しめる無料観覧席をご紹介しました。

おすすめの穴場をひと通りピックアップして、その魅力を詳しくご紹介しましたね。

あなたにぴったりの穴場は、見つかりましたでしょうか?

 

混雑するけど、打ち上げ場所に近く、迫力ある花火と音楽を楽しめる穴場だったり、

打ち上げ場所から遠く、花火は小さいんだけど、混雑せずにゆったりと花火を楽しめる穴場だったり。

穴場にも、それぞれにいろいろな魅力がありましたね。

中には、ネットの情報を信じて、当日行ってしまうと失敗しそうな穴場なんかもありました。

 

東京花火大祭の花火は、やっぱり、チケットを購入して見るのが一番です。

でも、チケットはどれも高いし、買えそうなチケットは売り切れだし。

チケットなしでも、東京花火大祭の花火を楽しみたい方って多いと思います。

そんな方は、本記事を参考に、自分にぴったりの穴場を見つけてみてくださいね。

 

2018年の夏は、夜景が綺麗なお台場の東京花火大祭で、世界最高峰の花火を楽しんでみませんか?

 

東京花火大祭では、優雅で贅沢な時間を過ごすことができる座席チケットが豊富です。
こちらの記事で、お気に入りの観覧席を見つけてみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぱっさん

ぱっさん

どうも。ぱっさんです。毎日の生活や大切な人との時間をもっと楽しくするために、調べたこと、考えたこと、経験したことなどを書いています。あなたにもお役に立てる情報をお届けできたらうれしいです。

-花火

Copyright© シアワセノキセキ , 2019 All Rights Reserved.