豊平川花火大会2019の穴場スポットと行き方は?打ち上げ場所や時間もチェック!

投稿日:

豊平川花火大会2019の穴場スポットと行き方は?打ち上げ場所や時間もチェック!

 

札幌の夏の風物詩と言えば、豊平川花火大会ですよね。

 

趣向を凝らした創作スターマインや、辺り一面を真昼のような明るさで包むフィナーレのワイドスターマインなどなど。

花火の打ち上げ数は4000発とそれほど多くはないものの、3部構成の多彩なプログラムはかなり見応えがあるんです。

 

そんな豊平川花火大会に、2019年も行ってみたいと思うけど、

「今年はどこで見ようかな?」

と迷ったりすることってありませんか?

 

そこで今回は、2019年の豊平川花火大会の穴場スポットや行き方をご紹介します。

また、花火の打ち上げ時間や打ち上げ場所、観覧場所の行き方、交通規制や混雑具合もご紹介していきますよ。

 

本記事を参考に、あなたにぴったりな穴場スポットをチェックして、豊平川花火大会の花火を思いっきり楽しんでくださいね。

 



 

 

豊平川花火大会の日程や打ち上げ時間は?

北海道新聞社創業132週年、UHB開局47周年となる2019年の「道新・UHB花火大会」。

通称、豊平川花火大会

2019年の日程や打ち上げ時間は、以下となりますよ。

 

豊平川花火大会の日程・打ち上げ時間

日程2019年7月26日(金
打ち上げ時間19:40~20:30
打ち上げ数4,000発
荒天の場合は8月2日(金)に延期

 

ちなみに、豊平川花火大会は、多少の雨なら開催されるようですね。

雨も風も強い荒天の場合は、中止ではなく、延期となります。

その場合は、8月2日(金)に延期となりますよ。

 

最近では、2016年の豊平川花火大会が延期となってしまいましたよね。

 

 

豊平川花火大会の開催可否は、当日の午後13時頃に決定する予定になっています。

公式のツイッターや当日専用電話(当日10時~20時)で確認してみてくださいね。

 

 

2019年は、花火日和の穏やかなお天気に恵まれるといいですね。

 



 

豊平川花火大会の打ち上げ場所や観覧場所は?

豊平川花火大会の開催場所は、札幌市を流れる豊平川の南7条大橋から幌平橋までの間の河川敷となります。

以下の地図で、打ち上げ場所と観覧場所の位置を確認してみてくださいね。

 

 

 

打ち上げ場所

豊平川花火大会の花火の打ち上げ場所は、札幌市を流れる豊平川の南大橋から幌平橋までの間の河川敷となります。

南大橋寄りの左岸、右岸の両岸から、花火が打ち上げられますよ。

打ち上げ場所を地図で確認

 

観覧場所

豊平川花火大会の主な観覧場所は、以下の5ヶ所となります。

  • 豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・中央区側)
  • 豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・豊平区側)
  • 豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・南大橋下・豊平区側)
  • 豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・中央区側)
  • 豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・豊平区側)

 

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・南大橋下・豊平区側)は、2017年に新設されたばかりの観覧場所です。

打ち上げ場所のすぐ目の前なので、大迫力の大きさと音で、花火を楽しむことができそうですね。

観覧場所を地図で確認

 

メモ

豊平川左岸通、右岸通の車道や歩道で花火を観覧することはできません。

ご注意くださいね。

 



 

豊平川花火大会の観覧場所までの行き方(アクセス・最寄り駅)は?

豊平川花火大会の観覧場所の最寄り駅は、以下の6つとなります。

  • 南北線 中島公園駅
  • 南北線 幌平橋駅
  • 南北線 すすきの駅
  • 南北線 中の島駅
  • 東豊線 学園前駅
  • 東豊線 豊水すすきの駅

 

それぞれの観覧場所までの行き方(アクセス・最寄り駅)をご紹介していきますね。

 

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・中央区側)

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・中央区側)までの行き方(アクセス・最寄り駅)は、以下となりますよ。

  • 南北線 中島公園駅下車 徒歩11分
  • 南北線 幌平橋駅下車 徒歩6分
  • 南北線 すすきの駅下車 徒歩22分
  • 南北線 中の島駅下車 徒歩11分
  • 東豊線 学園前駅下車 徒歩22
  • 東豊線 豊水すすきの駅下車 徒歩19分

 

この観覧場所に行くなら、幌平橋駅からのアクセスがもっとも近いですね。

行き方を地図で確認

 

 

メモ

豊平川花火大会の当日は、19:10以降、豊平川左岸通に入ることはできません。

ご注意くださいね。

 

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・豊平区側)

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・豊平区側)までの行き方(アクセス・最寄り駅)は、以下となりますよ。

  • 南北線 中島公園駅下車 徒歩15分
  • 南北線 幌平橋駅下車 徒歩11分
  • 南北線 すすきの駅下車 徒歩25分
  • 南北線 中の島駅下車 徒歩10分
  • 東豊線 学園前駅下車 徒歩18分
  • 東豊線 豊水すすきの駅下車 徒歩22分

 

この観覧場所に行くなら、中の島駅幌平橋駅からのアクセスがもっとも近いですね。

行き方を地図で確認

 

 



 

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・南大橋下・豊平区側)

豊平川河川敷(南大橋~幌平橋間・南大橋下・豊平区側)までの行き方(アクセス・最寄り駅)は、以下となりますよ。

  • 南北線 中島公園駅下車 徒歩9
  • 南北線 幌平橋駅下車 徒歩17分
  • 南北線 すすきの駅下車 徒歩19分
  • 南北線 中の島駅下車 徒歩16分
  • 東豊線 学園前駅下車 徒歩12分
  • 東豊線 豊水すすきの駅下車 徒歩16分

 

この観覧場所に行くなら、学園前駅からのアクセスがもっとも近いですね。

行き方を地図で確認

 

豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・中央区側)

豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・中央区側)までの行き方(アクセス・最寄り駅)は、以下となりますよ。

  • 南北線 中島公園駅下車 徒歩7分
  • 南北線 幌平橋駅下車 徒歩17分
  • 南北線 すすきの駅下車 徒歩13分
  • 南北線 中の島駅下車 徒歩21分
  • 東豊線 学園前駅下車 徒歩17分
  • 東豊線 豊水すすきの駅下車 徒歩8分

 

この観覧場所に行くなら、中島公園駅豊水すすきの駅からのアクセスがもっとも近いですね。

行き方を地図で確認

 

豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・豊平区側)

豊平川河川敷(南7条大橋~南大橋間・豊平区側)までの行き方(アクセス・最寄り駅)は、以下となりますよ。

  • 南北線 中島公園駅下車 徒歩10分
  • 南北線 幌平橋駅下車 徒歩20分
  • 南北線 すすきの駅下車 徒歩18分
  • 南北線 中の島駅下車 徒歩20分
  • 東豊線 学園前駅下車 徒歩14分
  • 東豊線 豊水すすきの駅下車 徒歩13分

 

この観覧場所に行くなら、豊水すすきの駅学園前駅からのアクセスがもっとも近いですね。

行き方を地図で確認

 



 

豊平川花火大会の花火が見える穴場スポット13選!その行き方(アクセス・最寄り駅)は?

豊平川の河川敷はもちろん、札幌の市街地からも、有名な夜景スポットからも花火が見える豊平川花火大会。

いろいろなところから、花火を見ることができるので、

「今年はどこで見ようかな?」

と迷ってしまうのも仕方がないと思うんですよね。

 

そこで、豊平川花火大会の花火が見える穴場スポットとその行き方(アクセス・最寄り駅)を調べてみました。

今回ご紹介する穴場スポットは、全部で13箇所。

SNSの口コミなどをもとに、実際に評価が良かったものをピックアップしてみましたよ。

 

豊平川花火大会の穴場スポット13選!

  • 中島公園
  • 中島公園通駅前の通り
  • 菊水旭山公園通り
  • 東光ストア 行啓通店の駐車場
  • 豊平川沿いのつばめタクシー周辺
  • ノルベサの屋上観覧車
  • さっぽろテレビ塔の展望台
  • JRタワーの展望室
  • サッポロファクトリーの屋上駐車場
  • アリオ札幌の屋上駐車場
  • もいわ山の山頂展望台
  • 旭山記念公園の展望広場
  • 幌見峠の展望駐車場

 

まずは、以下の地図で、豊平川花火大会の花火の打ち上げ場所と、それぞれの穴場との位置関係を確認してみてくださいね。

 

 

あなたにぴったりの穴場スポット、きっと見つかると思いますよ。

 

中島公園

住所:〒064-0931 北海道 札幌市中央区中島公園1
アクセス・最寄り駅
・南北線 中島公園駅下車1・3番出口 すぐ
・南北線 幌平橋駅下車 1・2番出口 すぐ
・市電 中島公園通下車 徒歩3分
・市電 行啓通下車 徒歩3分
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

2019年の6月も札幌祭りで盛り上がった中島公園

今年もたくさんの出店があって、すごい人出でしたよね。

札幌祭り(中島公園祭り)2019の日程と出店の時間は?神輿渡御や交通規制も
札幌祭り(中島公園祭り)2019の日程と出店の時間は?神輿渡御や交通規制も

    あたたかい日が増えてきた、初夏の札幌。 よさこいソーラン祭りで盛り上がった後は、札幌祭りですよね!   札幌祭りは、北海道札幌市にある北海道神宮で、毎年6月に開催されている ...

 

そんな中島公園は、夏の豊平川花火大会でも、人気の穴場スポットとして知られています。

魅力は、なんといっても打ち上げ場所に近いこと。

花火も音も迫力のある大きさで楽しむことができるんです。

 

花火がよく見えるということで、中島公園の中でも特に人気のスポットがこちら。

  • 菖蒲池
  • 天文台
  • 豊平館

 

 

菖蒲池は、人混みも少なく、花火がよく見えるようですよ。

パークホテルが邪魔にならない観覧場所を探してみてくださいね。

 

また、自由広場では、たこ焼きなどの移動販売の屋台出店したりします。

豊平川花火大会では、屋台の出店はほとんどないので、これはうれしいですよね。

 

こちらの動画は、中島公園内から豊平川花火大会の花火を見た様子です。

 

 

打ち上げ場所が近いだけあって、花火も音も迫力ありますね。

中島公園は緑豊かな公園なので、木が生い茂っていて、花火が見えにくい場所も多いです。

日が沈む前のまだ明るいうちに、花火がよく見えそうなビューポイントを見つけておくといいですよ。

 

 

打ち上げ場所が近く、迫力のある花火が楽しめる人気の穴場スポット、中島公園。

ある程度の混雑は覚悟しておいてくださいね。

 



 

中島公園通駅前の通り

住所:〒064-0811 北海道札幌市中央区南11条西7丁目2
アクセス・最寄り駅:市電 中島公園通駅下車 すぐ
行き方を地図で確認

 

札幌市街を走る路面電車 札幌市電の中島公園通駅前の通りも、豊平川花火大会の花火がよく見える穴場スポットです。

地図で確認してみると、中島公園通りのまっすぐ先が、ちょうど、豊平川花火大会の花火の打ち上げ場所になっているんですよね。

 

こちらの写真は、中島公園通り沿いにあるお店の前から、豊平川花火大会の花火を見た様子です。

 

 

人混みもなく、だいぶゆったりと花火を鑑賞することができそうですね。

ちょっと物足りないなと感じたら、花火の方向に向かって歩けば、すぐに中島公園です。

中島公園通りから中島公園に入れば、人気の穴場スポットの天文台や豊平館はすぐ近くにありますよ。

 

菊水旭山公園通り

住所:-
アクセス・最寄り駅
・南北線 中島公園駅下車 すぐ
・東豊線 学園前駅下車 徒歩5分
行き方を地図で確認

 

豊平川花火大会の打ち上げ場所のすぐ目の前を通る菊水旭山公園通り

中島公園駅や学園前駅から豊平川花火大会の会場まで向かう際に通るこの通りも、花火が見える穴場スポットです。

石山通りと交わるあたりから北海学園があるあたりまで、わりと綺麗に花火が見えるようですよ。

 



 

東光ストア 行啓通店の駐車場

住所:〒064-0914 北海道札幌市中央区南14条西9丁目1-15
アクセス・最寄り駅:市電 行啓通駅下車 徒歩5分
行き方を地図で確認

 

打ち上げ場所からはやや距離がある、東光ストア行啓通店の駐車場

迫力のある音や大きさで花火を楽しむことはできませんが、豊平川花火大会の花火を見ることはできるようですよ。

食べ物や飲み物の買い出しや、トイレに困ることがないのも、うれしいですよね。

 

会場周辺の人混みに巻き込まれることはありませんが、この穴場スポットは空いているわけではないようです。

写真や動画も確認できなかったので、花火をどのくらい見ることができるのかは、行ってみないとわかりません。

 

 

豊平川沿いのつばめタクシー周辺

住所:〒062-0912 北海道札幌市豊平区水車町3丁目5-26
アクセス・最寄り駅:東豊線 学園前駅下車 徒歩11
行き方を地図で確認

 

豊平川沿いのつばめタクシー周辺は、花火の打ち上げ場所のすぐそばにある穴場スポットです。

迫力のある音や大きさで、豊平川花火大会の花火を楽しむことができますよ。

 

 

つばめタクシーさん、涙が出るほどの神対応ですね。

 

ノルベサの屋上観覧車

住所:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1
アクセス・最寄り駅:南北線 すすきの駅下車 徒歩3分
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

カップルで行ってみたい人気のデートスポット、ノルベサ

「なぜに屋上に観覧車?」

だなんて、そんなこと、もう誰も気にしません。笑

やばいくらいに怖いお化け屋敷でキャーキャー叫んだり、ラブラブなプリクラ撮ったりした後は、フィナーレの屋上観覧車です。

 

「もう一周する?」

なんて言いながら、何周でもまわっちゃってくださいね。

 

 

大好きな人と二人だけの特等席から見る花火は、最高の夏の思い出になりそうですね。

 



 

さっぽろテレビ塔の展望台

住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西1丁目
アクセス・最寄り駅:南北線 大通駅下車 徒歩5分
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

豊平川花火大会の時期は、ジンギスカンビアガーデンで盛り上がるさっぽろテレビ塔

札幌の夜景を一望できる展望台からは、札幌の夜景とともに、豊平川花火大会の花火を見ることができますよ。

 

 

JRタワーよりも打ち上げ場所に近いので、その分大きな花火を楽しむことができそうですね。

 

JRタワーの展望室

住所:〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目
アクセス・最寄り駅:JR 札幌駅下車 すぐ
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

地上38階、高さ160mの、建物としては北海道一の高さにあるJRタワーの展望室

打ち上げ場所までは少し距離がありますが、豊平川花火大会の花火を見ることはできますよ。

 

 

札幌の夜景とともに、綺麗な花火を楽しむことができそうですね。

 

サッポロファクトリーの屋上駐車場

住所:〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東4丁目1-2
アクセス・最寄り駅:東西線 バスセンター前駅下車 徒歩7分
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

ガラス張りの天井と吹き抜けが素敵すぎるサッポロファクトリー

ここの屋上駐車場からも、豊平川花火大会の花火が見えるようですよ。

 

 

サッポロファクトリーの駐車場は、第1、第2、第4とありますが、花火が見えるのは第1駐車場と思われます。

 

アリオ札幌の屋上駐車場

住所:〒065-8518 北海道札幌市東区北7条東9丁目2-20
アクセス・最寄り駅:JR千歳線 苗穂駅下車 徒歩13分
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

アリオ札幌の屋上駐車場は、子供連れのご家族に大人気の穴場スポットです。

花火の打ち上げ場所からは距離があるので、花火も音も小さくて迫力はありません。

ですが、大きな商業施設なので、飲み物も食べ物もなんでもそろうし、綺麗な様式トレイもたくさん。

花火大会の雰囲気は、味わうことができますよ。

 

 

わりと混雑はするようですが、会場周辺の人混みのような激しいものではありません。

小さいお子様の花火デビューにはピッタリの穴場スポットですね。

 



 

もいわ山の山頂展望台

住所:〒005-0041 北海道札幌市南区藻岩山
アクセス・最寄り駅
市電 ロープウェイ入口駅下車 →(無料シャトルバス)→ もいわ山麓駅下車 →(もいわ山ロープウェイ)→ もいわ中腹駅 →(もーりすカー)→ もいわ山頂駅 
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

日本三大夜景にも選ばれた札幌市の夜景とともに、豊平川花火大会の花火を楽しみたいなら、もいわ山の山頂展望台がいいですね。

花火は小さいですが、素敵な夜景を楽しむことができますよ。

 

 

メモ

車で行く場合は、藻岩山の中腹にある駐車場に車を停めて、そこから「もーりすカー」と呼ばれるロープウェイで山頂へ向かいます。

 

旭山記念公園の展望広場

住所:札幌市中央区界川4丁目
アクセス・最寄り駅:東西線 円山公園駅下車 → JR北海道バス旭山公園線(円13)で15分 → 旭山公園前下車 徒歩4分(レストハウスまで)
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

藻岩山や円山に隣接した高台にある旭山記念公園

札幌市内を一望できる眺めのよい展望広場は、夜景スポットとしても有名ですよね。

もちろん、豊平川花火大会の花火を見ることもできますよ。

コンサートなどのイベントが開催されることも多いので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

こちらの動画は、旭山記念公園の展望広場から豊平川花火大会の花火を見た様子だと思われます。

 

 

豊平川花火大会の花火の全貌を、綺麗に見ることができそうですね。

 

幌見峠の展望駐車場

住所:札幌市中央区盤渓471番地110(幌見峠頂上)
アクセス・最寄り駅:-
公式サイトこちら
行き方を地図で確認

 

旭山記念公園、藻岩山と並び、札幌市内を一望できる夜景スポットとして有名な幌見峠の展望駐車場

毎年7月中旬から8月上旬にかけてのこの時期は、一面を鮮やかな紫で覆うラベンダー園が綺麗なんですよね。

そんな幌見峠でも、札幌の夜景と一緒に豊平川花火大会の花火を見ることができますよ。

 

 

やっぱり、こういう素敵なところはカップルが多いみたいですね。

車がある方は、ぜひ一度、お試ししてみては?

 



 

豊平川花火大会の交通規制は?

豊平川花火大会では、打ち上げ場所や観覧場所を含むエリアで、交通規制が実施されます。

車両通行禁止だけではなく、通行禁止も実施されるので、お車に乗らない方も実施エリアや時間帯をおさえておいてくださいね。

 

 

■車両通行禁止

  • 豊平川右左岸通(豊平橋~南19条大橋間)
    18:00~22:30
  • 豊水通(南15西1~南9西2ほか)
    19:30~22:30
  • 菊水旭山公園通(南9西3~水車町2)
    19:30~22:30

 

■通行禁止

  • 南7条大橋(上流側の歩道)
  • 南大橋(上流側の歩道)
  • 幌平橋(上流側の歩道)

 

 

交通規制の実施時間はあくまでも目安になりますので、当日は、こまめに公式のツイッターをチェックしてみてくださいね。

道新・UHB花火大会公式ツイッターはこちら

 



 

豊平川花火大会の混雑具合は?

豊平川花火大会では、打ち上げ場所に近い、幌平橋から南大橋までの間の河川敷がとても混雑しています。

特に、中央区側の河川敷はかなりの混雑になりますね。

 

 

できるだけ混雑を避けながら、近くで花火を楽しみたいという場合は、

  • 南大橋から南7条大橋までの間の河川敷
  • 豊平区側の河川敷

が比較的空いているのでおすすめですよ。

 

 

ちなみに、当日19時10分以降は、混雑のため、中島公園駅側から豊平川左岸通には入れなくなります。

中島公園駅から花火会場へ向かいたい場合は、19時10分よりも前に向かうといいですよ。

 

 

19時10分を過ぎてしまった場合は、中島公園駅や幌平橋駅は避けて、

中の島駅、すすきの駅、豊水すすきの駅、学園前駅から、会場に向かうようにしてくださいね。

 



 

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今回は、2019年の豊平川花火大会の穴場スポットや行き方をご紹介しました。

また、花火の打ち上げ時間や打ち上げ場所、観覧場所の行き方、交通規制や混雑具合もご紹介してきましたね。

あなたにぴったりな穴場スポットは、見つかりましたでしょうか?

 

札幌の短い夏を盛り上げる豊平川花火大会。

大会公式の有料席はありませんが、たくさんの穴場スポットがあって、どこで見ようか迷ってしまいますよね。

混雑するけど、打ち上げ場所に近く、迫力ある音と大きさで花火を楽しめる穴場スポットだったり、

打ち上げ場所から遠く、花火は小さいんだけど、混雑せずにゆったりと花火を楽しめる穴場スポットだったり。

穴場スポットにも、それぞれにいろいろな魅力がありました。

本記事を参考に、あなたにぴったりな穴場スポットを見つけてみてくださいね。

 

2019年の夏は、あなたも豊平川花火大会で、札幌の短い夏を満喫してみませんか?

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぱっさん

ぱっさん

どうも。ぱっさんです。毎日の生活や大切な人との時間をもっと楽しくするために、調べたこと、考えたこと、経験したことなどを書いています。あなたにもお役に立てる情報をお届けできたらうれしいです。

-花火

Copyright© シアワセノキセキ , 2019 All Rights Reserved.